読書スピード測定

1.開始ボタンをクリックして、下記の文章を読んでください。
2.読み終わったら終了ボタンを押します。



 米大統領選の民主党の候補者選びは、オバマ上院議員が首都や隣接州の予備選を制

した。彼が掲げるのは「変化」と「夢」「希望」といった言葉は米国の有権者の心を

魅了するようだ。イラク戦争や景気の落ち込みで、米国民の描く米国の将来像は暗

い。それを変えるためにこそ、新しい指導者を選ぶ。政治で社会を変えることができ

るという楽観主義といえるかもしれない。新たなうねりが米国社会で台頭しつつある

のかもしれない。

オバマ上院議員の掲げる言葉は?

勇気
変化
向上

  韓国の国宝、南大門が放火で全焼した。韓国では、文化財の火災が相次いでいる。

  放火も少なくない。今回、消防と文化財庁の連携の悪さ、消防士の文化財建築への

  理解の乏しさが被害を広げた。日本では、金閣寺が放火された前年に法隆寺の壁画

  が焼失したことをきっかけに文化財保護法ができ、奈良では、県警の文化財保安官

  が各地の消防と協力して文化財の防犯や防災に目を光らせている。こうした試み

  は、韓国にも参考になるだろう。 
消失した韓国の国宝は?
朱雀門
南大門
東大門
羅生門

 沖縄で、米海兵隊による女子中学生暴行事件が起きた。思い出されるのは、95年

に起きた米海兵隊員3人による少女暴行事件である。この事件をきっかけに、日米地

位協定に対して見直しを求める声が盛り上がり、凶悪犯の身柄引き渡しなど運用面が

改善された。米軍も犯罪防止に努力するようになった。その後に基地の再編案が日米

間でつくられたのも、この事件が原点だ。とはいえ、事態が改善したとは言い難い。

今回と同じ沖縄市で昨年10月、米軍人の息子が強姦致傷容疑で逮捕され、先月も、

米海兵隊員2人によるタクシー強盗致傷事件が起きたばかりだ。  福田首相は、米

軍へ改善策を強く求めた。米軍は再発防止に今度こそ総力をあげて取り組まなければ

ならない。沖縄県民は、沖縄戦で筆舌に尽くしがたい体験をし、戦後は米軍基地に苦

しめられている。日米両政府は、今度の不幸な事件を、そうした「軍」の重荷を和ら

げていくための出発点にすべきだ。

沖縄県民が苦しめられているのは?
イラク軍
人民解放軍
米軍
将軍

 出直し市長選で、移転容認派から推された福田良彦氏が当選した。福田氏は「ま

ず、市民の不安な騒音問題や治安問題を解消し、その後に再編問題に協力するかどう

かという判断をしなくちゃいけない」と語った。福田氏への投票が多かったのは、

「移転には反対だが、政府からの支援を得るためにはやむをえない」という人が多

かったということだ。福田氏も選挙戦で、基地問題よりも、市の財政問題や疲弊した

地域経済の活性化策を重点的に取り上げた。  艦載機が計画通りに移れば、嘉手納

と並ぶ極東最大級の航空基地となる。たしかに安全保障や基地の配置は国の政策だ。

いまの日米安保体制の下では、どこかの自治体に米軍基地を引き受けてもらわなけれ

ばならない現実がある。「基地と共存する街」といわれてきた岩国市が、なぜ艦載機

の受け入れを拒んだのか。地元の頭越しに政策を決めるようなことを続ければ、受け

入れ容認派の市長をも窮地に追い込むかもしれない。

福田氏に投票が多かった理由は?
基地問題を重点的にとりあげたから
艦載機の受け入れを拒否したから
財政問題や地域経済の活性化をとりあげたから
米軍に肩入れしたから

・基礎年金をすべて税で賄うのは非現実的だ

・税の投入は、年金より医療や介護を優先させる

 老後を支える年金について、改革の方向を2回に分けて考えたい。制度がはじまっ

て66年。総額は43兆円となり、高齢者の収入の7割を占める。いまの保険方式を

土台に改革を進めていくか。それとも、基礎年金は保険料の徴収をやめ、すべて税金

で賄う方式へ切り替えるか。この二つである。基礎年金をすべて税で賄うとすると、

それだけで消費税なら5〜7%の増税が必要だ。医療や介護の負担増にこれが加われ

ば、消費税の引き上げ幅はゆうに10%を超える。いま基礎年金の財源は3分の1が

税金で、09年度には2分の1へ上げることになっている。税の投入はその程度に

し、保険料との二本柱でいくのが現実的だ。 
基礎年金をすべて税をまかなう場合、消費税なら何%の増税が必要となるか?
5%
10%
15%
20%

文字数:2404


経過時間:
読書速度:字/分
理解判定:
評 価: